本文の開始

東京都文京区千駄木 ロレックス(ROLEX)修理・リペア・メンテナンス・オーバーホール

腕時計や置時計の修理 リペア メンテナンス オーバーホール。宝石の修理リフォーム、オーダーメイドジュエリー。クロコダイル腕時計オーダーベルト制作販売。金プラチナ貴金属買い取り。

時計修理とジュエリーリフォーム・貴金属(金・プラチナ)買取

トップページ > 時計修理について > ロレックス(ROLEX)修理・リペア・メンテナンス・オーバーホール

ロレックス修理(ROLEX)

ロレックス(ROLEX)

高級腕時計と言えばロレックスですね。店長野口も中学生の頃からロレックスは知っていました。

日本では一番知名度のある腕時計だと思います。

現行ロレックス修理はもちろんのこと、バブルバックアンティークロレックス修理も得意としています。

当店修理部門ベテラン技術者は、30年以上の修理経験がありロックス修理オーバーホール(分解修理)は数千本修理しています。

機械式時計の「テンプ」

機械式時計の「テンプ」という部品は、1日に数10万回、1年間で数億回も往復回転運動していますので、潤滑油の劣化乾燥は避けられません。

時間が進む遅れる時々止まるなどの不具合が出る前に、2~3年に1度定期的なメンテナンスオーバーホール(分解修理)が必要になります。

当店オーバーホール(分解修理)基本料金には、裏蓋パッキン交換・リューズパッキン交換、防水検査100Mまで、磨き、返却時送料無料含みます。

アフターダイヤ加工について

アフターダイヤ加工してあるロレックス修理もお受けいたします。

当店宝飾品の加工も得意でで御座います。

石が取れてしまった、ダイヤモンドを埋める加工がしたいと言う時はご相談下さい。

ロレックス修理料金表(税別)

ロレックス種類 基本料金 納期
デイトナ(ステンレス) 52,000円 約5~6週間
デイデイト(他金無垢3針) 45,000円 約4~5週間
3針コンビ GMT ダイバー 38,000円 約4~5週間
3針 2針 自動巻き 手巻き 35,000円 約4~5週間

ロレックス修理ブログ

大切な時計を長く愛用するために

時計修理(リペア)について

時計修理(リペア)

ダメになってしまった機械部分の部品を交換したり、壊れた部品を修理(リペア)します。

ブレスレットステンレス溶接、文字盤再生(リダン)、ねじ切り、ねじ抜き、バネ制作、部品制作、時計修理に必要な技術取り揃えています。他店で出来なかった断られた修理もお問い合わせ下さい。

時計のオーバーホール(分解修理)とは

時計のオーバーホール(分解修理)

オーバーホール(分解修理)は、時計の健康診断のようなものです。

時計内部の油劣化やネジのゆるみ、汚れや汗によるさび、ケース内部の腐食などについても早めのチェックとケアが必要です。

故障の原因となる目に見えない部分の汗や汚れを取り除き、磨耗した部品や、防水性を保つために不可欠なパッキン類を交換し、お買い上げ時の快適な状態に戻すことができます。

時計のメンテナンスとは

時計のメンテナンス

機械式時計もクオーツ時計も、長く使っていると部品が劣化します。
時計を常に良好な状態保つには、オーバーホール(分解修理)が必要となります。
細部にまで分解 → 洗浄 → 組み立てながら油をさします。

メーカー別の腕時計修理

  • ロレックス修理(Rolex)
  • オメガ修理(OMEGA)
  • カルティエ修理(Cartier)
  • ブライトリング修理(BREITLING)
  • タグホイヤー修理(TAG Heuer)

このページのTOPへ


ページの終了